anchor

記事一覧

松崎和紙 / 雨 / 2018年9月26日

ファイル 211-1.jpg

手すき和紙を製造する「松崎和紙」(大町市)。その工房は、ご主人から和紙を作る工程や道具等の説明を聞きながら無料で見学できます。原料の楮(こうぞ)の繊維が入った水槽での手すきの実演ではわずか数分で和紙が出来上がりました。
[松崎和紙]

ファイル 211-2.jpg

この日は赤色や黄色の木の葉をあしらった和紙が作られていました。漉きたての和紙はとても薄く、瑞々しい表面が輝いてきれい。手際よく均一な厚さの和紙を作り出す職人の技を目にして思わず感嘆の声が漏れました。
[松崎和紙]

ファイル 211-3.jpg

工房では手すき和紙作りの体験も可能。楮で満たされた小ぶりの水槽を使い、入門コースは葉書サイズの小さな木枠(写真内左側の木枠)を使います。本格コースになると枠のサイズは卒業証書大と大きくなり(写真内右側の木枠)、出来上がった和紙の用途も広がります。
[松崎和紙]

ファイル 211-4.jpg

工房の奥の別棟は和紙で作ったお土産売り場になっており、箸入れ(200円)、コースター(400円)、小物入れ(600円~)、茶筒(500円~)など様々なものが買えました。尚、松崎和紙の商品は周辺のホテルやショップで買うこともできます。
[松崎和紙]

ファイル 211-5.jpg

松崎和紙の歴史は古く、長久三年(1042年)の平安時代にまで遡ります。野生の楮を使用して国宝仁科神明宮の祭用に作ったのが始まりとされ、長きに渡りその技術が受け継がれています。そんな歴史ある工房を見学したり和紙作りを体験したりすれば、一味違った旅の思い出になることでしょう(※外観写真のみ夏の撮影)。
[松崎和紙]


 

[松崎和紙]
*場所 … 長野県大町市社6562
*営業期間 … 通年(不定休)
*営業時間 … 8:00~17:00
*体験料金 … 入門コース1,000円、本格コース1,500円、和紙工芸品制作コース1,000円~(各要予約)

 

reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]