anchor

記事一覧

大王わさび農場 / 晴 / 2017年5月16日

ファイル 165-1.jpg

白一色の冬を越えた山や大地に桜が咲き、その後3週間と経たないうちに新緑の季節がやってきました。北アルプスの雪解け水が湧き出る豊かな土地、安曇野には、その水を生かした日本最大規模のわさび園である大王わさび農場があります。わさび田には1日12万トン(※23万人が1日に使用する量)の湧水が引かれ、その水温は年間を通して13~14.5℃に保たれています。
[大王わさび農場・北畑]

ファイル 165-2.jpg

年間約120万人が訪れる安曇野随一の観光スポットとあって、平日にも関わらず9時の開場とともに観光客が続々と訪れていました。わさび田は「北畑」「古畑」「大王畑」「東畑」と4つあり、大王畑をまたぐ「幸いのかけ橋」(写真)は人気の撮影スポット。北畑では朝からわさびの収穫作業が行われ、近くの親水広場では靴を脱いで足を浸す姿が見られました。
[大王わさび農場・幸いのかけ橋]

ファイル 165-3.jpg

わさびの栽培期間は1~2年で、ここにあるのは清流で育つ「沢わさび」です。水温が高くならないよう周囲には緑蔭樹が植えられ、また、わさび田の上には黒い寒冷紗が掛けられています。
[大王わさび農場・大王畑]

ファイル 165-4.jpg

場内には売店や大王窟、百年記念館、わさび丸堀り加工場のほか、わさび漬け体験等ができる施設があります。レストランは2つあり、その1つの「そば蔵」ではわさびと共に蕎麦を味わえます。写真は「わさびづくしせいろう」(1,260円)。蕎麦の脇にある小鉢は野沢菜わさび、わさびの茎の酢漬け、わさび沢庵、そば味噌です。
[大王わさび農場・そば蔵]

ファイル 165-5.jpg

1989年の黒澤映画「夢」の舞台となった水車小屋付近の清流は、周囲の緑を映し込んで非常に涼やかでした。水上からこの景色を楽しめるクリアボートは約20分のコースで大人1,200円、6~11歳900円、5歳以下100円。大型25台、普通車350台を収容する駐車場の脇に乗下船場があります。
[大王わさび農場・水車小屋]


[大王わさび農場]
*場所 … 長野県安曇野市穂高1692
*営業期間 … 通年
*開園時間 … 3~10月は9:00~17:20、11~2月は9:00~16:30
*入場料 … 無料(駐車場も無料)
*所要時間 … 白馬村から車で約1時間(一般道路)

 
 reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]