anchor

記事一覧

貞逸祭 / 晴曇 / 2018年5月26日

ファイル 197-1.jpg

5/26(土)に北アルプス白馬連峰の開山を告げる「第52回貞逸祭」が行われました。奥様の故郷である白馬村に引っ越して来られたご家族は初参加とのこと。撮影後、小学2年生のお兄ちゃんと1年生のお嬢ちゃんも元気に猿倉山荘を出発して行きました。
[猿倉山荘]

ファイル 197-2.jpg

昨年に比べると残雪が少なく、砂防工事用道路ではわずかに雪を踏む程度でした。雪解け水で水たまりや小川ができた箇所があったものの快適に歩け、新緑や、ニリンソウ、ショウジョウバカマ、エゾエンゴサク、キクザキイチゲといった高山植物をゆっくり愛でながら白馬尻を目指せました。
[猿倉~御殿場]

ファイル 197-3.jpg

遊歩道序盤の残雪の少なさに反して、白馬大雪渓の雪は多めとのこと。早くから雪解けが進んだ斜面にはシラネアオイが数多く咲いていました。春の高山植物の代表格であるその姿をカメラに収めようと、撮影の順番を待つ参加者が列を作っていました。
[白馬大雪渓]

ファイル 197-4.jpg

「通常コース」の参加者の多くは大雪渓の下部で登るのを止め、下山開始時刻まで昼食を摂ったりソリで遊んだりしていました。
[白馬大雪渓]

ファイル 197-5.jpg

ゴールの猿倉山荘では山ウドや山三つ葉、ふきのとういった山菜料理や豚汁、紫舞(紫米)を使ったちらし寿司いなりの振舞いがありました。「紫舞は白馬村青鬼地区の特産でポリフェノールがブルーベリーの3倍も含まれる栄養価の高いお米です。」と青鬼地区からお越しの方(写真右)がPRくださいました。
[猿倉山荘]

 

[第52回貞逸祭・白馬連峰開山祭]
*場所 … 長野県北安曇郡白馬村 猿倉(白馬岳登山口)
*開催日時 … 2018/5/26(土)
*受付 … 白馬村観光局まで事前に申込
*参加費 … 1,000円(税込、小学生以下無料) ガイド費、記念ピンバッチ、保険代含む
*交通 … JR白馬駅から猿倉までのシャトルバスは往復1,000円

 

 reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]