anchor

記事一覧

黒部ダム / 晴 / 2018年6月26日

ファイル 200-1.jpg

6/26(火)、黒部ダムの観光放水が始まりました。梅雨時とあって晴天に恵まれた初日に目立った混雑はなし。記念写真を撮る人で盛況だった「ダム展望台」から急な屋外階段を下って「放水観覧ステージ」や「レインボーテラス」といった、放水により近いところに向かいました。
[黒部ダム・レインボーテラス]

ファイル 200-2.jpg

レインボーテラスからの観光放水の眺めは沸き立つミストを浴びつつ実に爽快。また、国内一の高さ186mのえん堤上からは、毎秒10トン以上にもなる水が豪快に吹き出す様子と、2つの虹が見下ろせました。尚、この黒部ダムの水は黒部川を下り日本海へと流れ込みます。
[黒部ダム・ダムえん堤]

ファイル 200-3.jpg

新展望広場の特設会場では、映画『黒部の太陽』の撮影セット(トンネルレプリカ)等の展示が行われています(10月下旬迄、入場無料)。会場の手前にはダムの建設開始から完成までを解説したボードが。奥には当時のトンネル工事を思わせる鉄骨や土砂を運ぶトロッコがありました。
[黒部ダム・新展望広場]

ファイル 200-4.jpg

3,000m級の立山の斜面では、残雪が見られるもののずいぶんと緑が濃くなっていました。立山ロープウェイ山麓駅横の黒部平高山植物観察園に立ち寄ると、見頃のツマトリソウとマイヅルソウや、生き生きと咲くニッコウキスゲやリュウキンカ、イワイチョウ、イワカガミに出会えました。
[黒部平]

ファイル 200-5.jpg

扇沢~黒部ダム間のアクセスを担う関電トロリーバスは1964年8月1日に開業。現在運行中の3代目トロリーバス(300型)は今年限りで引退します。全面には「トロバスラストイヤー」のマークが貼られ、扇沢駅や黒部ダム駅ではその姿を写真に収める人もいました。来年からは新たに電気バスが走ります。
[扇沢駅]

 

[黒部ダム]
*場所 … 富山県立山町
*営業期間 … 2018/4/15(日)~11/30(金)
*料金 … 関電トロリーバス(扇沢~黒部ダム)往復大人2,570円、小学生1,290円
*駐車場 … 扇沢駅:乗用車1,000円/日(無料駐車場有)

 

[立山黒部アルペンルート]
*場所 … 長野県大町市、富山県立山町
*営業期間 … 2018/4/15(日)~11/30(金)
*駐車場 … 扇沢駅:乗用車1,000円/日(無料駐車場有)
*所要時間 … 白馬村から扇沢駅まで車で約1時間(一般道路)
*入場無料 ※但し、扇沢から室堂までの交通費は往復大人9,050円、子供4,530円

 
 
 reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]