anchor

記事一覧

初冬の立山 / 晴 / 2014年11月5日

ファイル 94-1.jpg

真っ青な空が清々しい朝。11/3(月祝)にまとまった降雪があり、11/5(水)も北アルプスは真っ白でした。気温が低くなると大気中の水分が少なくなり空気が澄み渡ります。そんな訳で黒部ダムの堰堤からは遠くの景色もはっきり望めました。
[立山黒部アルペンルート・黒部ダム]

ファイル 94-2.jpg

立山黒部アルペンルートの今季営業最終月にあたる11月は「お客様感謝月間」ということで、全線の料金が2割引になります。お客様の数は最盛期に比べるとずいぶん少なくなりましたが、ツアー客等、まだまだ賑わいがありました。
[立山黒部アルペンルート・黒部ケーブルカー]

ファイル 94-3.jpg

ほんの3週間前まで美しい紅葉が楽しめたタンボ平も初冬らしい風景に変わっていました。ちなみに昨年の同時期と比べると雪はやや少ない印象。とはいえ豪雪地帯にあるため、1~2日で銀世界に変わる可能性もあります。お出かけの際はしっかりとした防寒が必要です。
[立山黒部アルペンルート・立山ロープウェイ]

ファイル 94-4.jpg

標高をもう一段上げた室堂は完全に"冬"でした。雪面に反射した光が非常に眩しく、サングラスをしないとまともに目を開けていられないほど。風がないこともあり、歩いているうちに身体が温まり、ジャケットを脱ぎました。
[立山黒部アルペンルート・室堂]

ファイル 94-5.jpg

黒部平では針葉樹のカラマツが黄色い葉を残し、目を楽しませてくれました。さて、今回で今季の観光レポートは終了します。ご覧いただき誠にありがとうございました。
[立山黒部アルペンルート・黒部平]


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]