anchor

記事一覧

大王わさび農場 / 晴 / 2012年6月28日

ファイル 9-1.jpg

150,000㎡(東京ドーム11個分)という広大な面積を誇る日本一のワサビ農場、大王わさび農場にやってきました。3月中旬~4月に白い花をつけたワサビは6月になると緑が濃くなり、日差しが強くなる時期にご覧のような黒い日よけがかけられます。
[大王わさび農場]

ファイル 9-2.jpg

駐車場無料、入園無料の農場は公園のようにきれいに整備され、木々によって適度に作られた木陰の中、気持ちよく散策できます。わさび田にひかれる北アルプスの湧水は年間12万トンにも上り、今日も園内には清流のそばならではの心地よい空気が漂っていました。
[大王わさび農場]

ファイル 9-3.jpg

親水広場では、足を冷たい水につけて遊んだあと「本わさびソフトクリーム(330円)」を食べるお客様の姿が印象的でした。本わさびソフトクリームは、ピリ辛ではなく甘く、ワサビの風味が爽やか。また、揚げたての「わさびコロッケ(200円)」や、岩魚茶屋の岩魚の塩焼き(700円)も美味でおすすめです。
[大王わさび農場]

ファイル 9-4.jpg

伝説の勇士・八面大王を祀った大王窟。大王わさび農場の名前も実はこの八面大王に由来するものです。その横には開運洞(写真)があり、中にいる七福神にさわると幸せになれるという言い伝えがあります。他に、アルプス展望台や、水車小屋、ポプラ小道、複数の売店とレストラン等が点在し、すべて回れば半日くらいすぐに経ってしまいます。
[大王わさび農場]

ファイル 9-5.jpg

わさび漬け体験工房では気軽にわさび漬け作りが楽しめ、当日お持ち帰りいただけます(約20分、1,000円)。別の建物ではトンボ玉やキャンドル作りの体験もできます。もちろん肝心のお土産も豊富にあり、人気はやはり採れたての生わさびです。
[大王わさび農場]


[大王わさび農場]
*場所 … 長野県安曇野市穂高1692
*営業期間 … 通年
*営業時間 … 8時半~17時(11月~2月は9時~16時半) 
*入園料 … 無料、駐車場400台(無料)

 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]