anchor

記事一覧

栂池の紅葉 / 晴 / 2013年10月1日

ファイル 58-1.jpg

「紅葉祭り」(9/28~10/6)に合わせたかのように栂池自然園で紅葉が見頃"前半"を迎えました。この期間は緑の中に痛みの少ない葉の赤色や黄色が点在するフレッシュさがポイント。深まりゆく秋への期待感もあって、歩いているとどんどん気分が乗ってきました。
[栂池自然園・楠川~浮島湿原]

ファイル 58-2.jpg

今年はミズバショウ湿原~風穴の間で枯れ草や落ち葉が目立ちますが、ワタスゲ湿原より奥ではきれいな葉が色鮮やかに染まっています。浮島湿原の定番アングルでは白馬岳と紅葉、池塘の競演が見事でした。
[栂池自然園・浮島湿原]

ファイル 58-3.jpg

特に浮島湿原は美しく、すぐに銀明水、モウセン池方面へ向かうのはもったいないほど。浮島湿原を奥まで進み周囲の景色を楽しんでから、ヤセ尾根を経由して展望湿原へ向かうルートがおすすめです。
[栂池自然園・ヤセ尾根]

ファイル 58-4.jpg

展望湿原では足元から草紅葉が広がり、奥に紅葉、そしてその奥に日本三大雪渓の1つ、白馬大雪渓を望めます。草紅葉の中で赤く染まっているのはクロマメノキ(低木)です。
[栂池自然園・展望湿原]

ファイル 58-5.jpg

ヤセ尾根から見下ろす雁股池もよいですが、こちらはまだ色づき半ば。10/1時点で色づきは「例年並み~数日早い」進行状況ですが、強風に吹かれない限り10月三連休(10/12~14)までは満喫できることでしょう。
[栂池自然園・ヤセ尾根]


[次回取材予定]
・10/8 「八方・五竜紅葉」
・10/15 「鎌池の紅葉」

 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]