anchor

記事一覧

白馬連峰開山祭 / 晴 / 2012年5月26日

ファイル 5-1.jpg

全長3.5km、標高差600mと日本一のスケールを誇る白馬大雪渓。毎年白馬村の登山シーズン到来を告げる「白馬連峰開山祭(第46回貞逸祭)」は、猿倉(白馬岳登山口)から白馬大雪渓の入口までをガイド付きでトレッキングするイベントです。今年は晴天に恵まれ参加者も約200名と多く、幸先のよいスタートになりました。
[猿倉荘前]

ファイル 5-2.jpg

雪の残る林道では、渓流の音、鳥の声、咲き始めた高山植物等を、ガイドの説明とともに楽しむことができました。また、林道前半ではブナ・トチの新緑と奥に聳える白馬岳のコントラストが美しく印象に残りました。
[白馬大雪渓遊歩道]

ファイル 5-3.jpg

後半は途中でアイゼンをつけ雪上を歩きました。猿倉から休憩をいれながらゆっくりと登ること約1時間半で白馬尻に到着。たっぷりと雪が残った白馬大雪渓が見えました。白馬尻小屋近くの小尾根にはニリンソウやシラネアオイが咲き出し、ここまでの疲れを癒してくれました。
[白馬大雪渓遊歩道]

ファイル 5-4.jpg

汗ばんだ体に雪上を吹く冷たい風が大変気持ちよかったです。岩場等で昼食をとったり、記念撮影したり、スキー・スノーボードをしたり、雪遊びをしたりと思い思いに白馬大雪渓でのひとときを楽しんだあと下山しました。
[白馬大雪渓遊歩道]

ファイル 5-5.jpg

1時間ほどで猿倉に到着。猿倉荘では山菜の天ぷらや山菜汁が用意され、「美味しい!」「これは何の山菜…?」といった弾んだ声が聞かれました。猿倉からJR白馬駅へは帰りのバスが待機し、スムーズに乗り込むことができました。
[白馬大雪渓遊歩道]


[白馬連峰開山祭(第46回貞逸祭)]
*会場 … 白馬村猿倉駐車場(白馬岳登山口)
*時間 … 8時~受付、9時40分頃出発、13時半頃猿倉到着・ふるまい
*参加費 … 無料 ※ただしJR白馬駅からの臨時バス往復1,000円

※猿倉荘前の公衆トイレが故障中につき、猿倉荘前の駐車場に仮設トイレが設置されています。女性の方は猿倉荘内のトイレもご利用可能です。

[次回予告]
*夏シーズンが本格化する立山黒部アルペンルートをレポートします。


  reported by Snownavi

[このページのTOPへ]