anchor

記事一覧

ホタルツアー(白乗) / 曇 / 2013年7月29日

ファイル 47-1.jpg

"ホタルの大発生地"としてここ2~3年、夏の白馬乗鞍が注目を集めています。今年からは地元ガイドによるホタル観賞ツアーもはじまりました。まずは白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」横にある建物内でホタルの種類、交尾から産卵、幼虫から成虫になるまでの様子について説明がありました。
[ちゃんめろ付近]

ファイル 47-2.jpg

そのあと鑑賞場所である、ちゃんめろすぐ脇を流れる小さな沢へ。ゲンジボタルが多く生息する場所とヘイケボタルが多く生息する場所を教えていただいたあと自由鑑賞となります。ロープが張られ足元に赤く柔らかな灯りが設置されていました。20時前後からホタルの数が増えてきて、観賞エリアがひと目で分かるようになりました。
[ちゃんめろ付近]

ファイル 47-3.jpg

多いのはゲンジボタル。7/25(木)現在でゲンジボタル150匹、ヘイケボタル40匹との公式発表がありました。ゆっくりと飛んでいるホタルを捕まえたり、赤いセロハンを貼った懐中電灯で近くにいるホタルを照らしたりしながら、間近で光るホタルを大人も子供も楽しんでいらっしゃいました。
[ちゃんめろ付近]

ファイル 47-4.jpg

さらに光の数が増え夢中でシャッターを切りました。賑わいのピークは20~21時といったところ。21時を過ぎると自然とお客様が少なくなり、気が付けば自分を含めて数人になっていました。気温は21℃と過ごしやすく、少し歩いて鑑賞する程度なら汗ばむこともなかったです。
[ちゃんめろ付近]

ファイル 47-5.jpg

「地元ガイドによるホタル観賞ツアー(要予約)」は8/31(土)までの約1ヵ月半、20時と20時半の2回(※8月は7時半と8時の2回)行われます。ホタル観賞は自由にできますが、ツアーに参加して予め蛍について知ることで鑑賞がより楽しいものになることでしょう。また、8/3~11には「夏休み!親子でホタルかご作りに挑戦!ツアー」が行われます(※写真は手作りのホタルかご)。ちなみにホタルが沢山舞う条件は「月が全部隠れる新月」「日中の気温と湿度が高い」「風が弱い」の3点です。
[白馬乗鞍観光協会ポスター]


[白馬乗鞍ホタルの会(白馬乗鞍観光協会)]
*開催期間 … 2013/7/13~8/31
*集合時間 … 7月は20時、8月は19時半
*集合場所 … 白馬乗鞍交流センター「ちゃんめろ」
*ツアー参加費 … 大人1名様あたり500円、小学生以下無料


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]