anchor

記事一覧

アルペンルートオープンカーニバル / 雪 / 2013年4月21日

ファイル 36-1.jpg

大町市観光協会主催の「アルペンルートオープンカーニバル」が4/21(日)8時より大町温泉郷ではじまりました。荒々しい太鼓の演奏に続き会場には「さらさら越え」を決行した佐々成政軍が登場。鉄砲発射のあと報道陣約20人を連れて扇沢へと向かいました。
[大町温泉郷]

ファイル 36-2.jpg

神様のいたずらか、奇しくも今朝の立山黒部アルペンルートは雪。「さらさら越え」は戦国時代の1584年12月に越中富山城主だった佐々成政(さっさなりまさ)が、対峙する前田利家ら(羽柴軍)の情報網をかわし、徳川家康に今一度羽柴(豊臣)秀吉との対決を促すため厳冬期の立山を越えたもの。雰囲気はまさにさらさら越え当日でした。
[扇沢]

ファイル 36-3.jpg

ところで、大町市のPRレデイー、「大町レディース」のお2人も小百合姫の腰元として参加されてました。グリーンが野本さん、オレンジが高田さんです。黒部ダムの新雪量は12cmもあり、4月下旬としては非常に珍しいまとまった積雪になっていました。
[黒部ダム]

ファイル 36-4.jpg

黒部ダムで久寿玉割りと鏡開きを行ったあとケーブルカーで黒部平へ。一般募集されたエキストラの皆さんは鎧の重さに加え寒さで大変そうでした。特に藁沓(わらぐつ)は現代の靴に比べ防寒が甘く、足の先が痛いといった声が聞かれました。
[黒部平]

ファイル 36-5.jpg

佐々成政役は県議会議員の諏訪光昭さん。また、黒の萱笠は一般公募で選ばれた小百合姫役の松下さんです。黒部平は吹雪いていたので「しっかり目をあけられな~い。」と言いつつ笑顔をくださいました。歴史に話を戻すと「さらさら越え」による家康説得も功を奏せず。秀吉自ら越中に乗り出し富山城を10万の大軍で包囲し、成政は織田信雄の仲介により降伏しました。
[黒部平]


アルペンルートオープンカーニンバル
*日時 … 2013/4/21 8時~
*場所 … 大町温泉郷にて出陣式 →扇沢 →黒部ダム →黒部平
*参加無料 ※扇沢から黒部平までは往復3,760円


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]