anchor

記事一覧

大峰高原 / 曇晴 / 2012年11月5日

ファイル 30-1.jpg

11/5(月)に大峰高原(おおみねこうげん)に行ってきました。大町市と池田町の境にあるここは、白馬から車で40~50分の距離にあります。目的は"奇跡の大樹"と言われる「七色大カエデ」。今年は10/20(土)前後に見頃となり、現在は見頃後半といった状況です。
[大峰高原]

ファイル 30-2.jpg

昭和22年大峰高原開拓団により開墾の際に発見され、その時は幹1mを残し丸坊主にされました。数年後開拓団は開拓事業に失敗。昭和43年大峰牧場ができた時、盆栽のように立派で奇跡的な大樹に成長したカエデが再発見されました。
[大峰高原]

ファイル 30-3.jpg

あたりは広場になっていて、駐車場やトイレも整備されています。七色大カエデは高さ12m、枝先の直径15m、根回り3.25m。日の当たり具合、見る角度や方向によって様々な表情が見られ、周囲を何度も回りながら楽しみました。

[大峰高原]

ファイル 30-4.jpg

少し下ったところにはまだ色づきはじめの「新カエデ」があり、ほかに「中カエデ」と呼ばれるものもあります。これらを含めると、10月中旬から約1ヵ月も紅葉が楽しめることになります。
[大峰高原]

ファイル 30-5.jpg

おまけ。早朝大峰高原に向かう途中の青木湖は鏡のように静まりかえり、すっかり麓まで下りた紅葉を映し込んでいました。
[青木湖]


大峰高原
*駐車場無料、公衆トイレあり


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]