anchor

記事一覧

碌山美術館 / 晴曇 / 2016年7月4日

ファイル 144-1.jpg

つたのからまる教会風の碌山館(ろくざんかん、写真)は安曇野のシンボルであり、碌山美術館は安曇野アートラインに点在する19の美術館の代表的な存在です。碌山館、第1展示棟、第2展示棟、杜江館、グズベリーハウスの全5棟から構成され、JR大糸線穂高駅から線路沿いを歩いて約7分のところにあります。
[碌山美術館・碌山館]

ファイル 144-2.jpg

碌山館には日本近代彫刻の扉を開いた萩原守衛(碌山)の作品がずらり。どの作品も細部の質感が分かるほど間近で観賞できました。中でも「北條虎吉像」(1909円)と「女」(1910年)は重要文化財に指定される代表作品とあって見応えがありました。
[碌山美術館・碌山館]

ファイル 144-3.jpg

第1展示棟(写真)や第2展示棟には守衛の友人や系譜につながる高村幸太郎、戸張孤雁、中原悌二郎、柳敬助、石井鶴三らの彫刻、絵画作品が展示されていました。展示館を移動するスタイルは期待感を高め、入館する度に雰囲気が変わり新鮮でした。
[碌山美術館・第1展示棟]

ファイル 144-4.jpg

平成28年度の特別企画展としては、7/23(土)~8/28(日)に「高村光太郎 彫刻と詩 展」が開催されます。公式ホームページには予告ムービーを公開中。続く秋には「長尾杢太郎 展」、冬には「小品彫刻-木彫と石膏像- 展」が予定されています。
[碌山美術館]

ファイル 144-5.jpg

碌山美術館から車で15分ほどのところにある豊科近代美術館は、中世ヨーロッパ修道院風の重厚な建物です。館内は広く、日本近代彫刻の巨匠、高田博厚の彫刻作品役200点と、森鴎外ゆかりの画家、宮芳平の絵画作品約2,000点を収蔵。また、安曇野出身の奥村光正、小林邦、飯沼一道等の絵画作品も常設展示しています。館横の無料開放されたバラ園には毎年5月に500種1,000本のバラが咲き誇ります。
[豊科近代美術館]

[碌山美術館]
*場所 … 長野県安曇野市穂高5095-1
*開館期間 … 5~10月は無休、11~4月は月曜と祝祭の翌日が休館(12/21~31は冬期休館)
*開館時間 … 3~10月は9:00~17:10、11~2月は9:00~16:10(最終入館は閉館30分前)
*入館料 … 大人700円、高校生300円、小中学生150円・駐車場 無料

[豊科近代美術館]
*場所 … 長野県安曇野市豊科5609-3
*開館期間 … 通年、月曜と祝祭の翌日が休館
*開館時間 … 9:00~17:00(最終入館は閉館30分前)
*入館料 … 大人500円、大高生300円、中学生以下無料(企画により変更あり)・駐車場 無料


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]