anchor

記事一覧

立山・雪の大谷ウォーク / 晴 / 2016年4月17日

ファイル 131-1.jpg

立山黒部アルペンルートが4/16(土)に全線開通しました。初日には室堂ターミナル中央広場に多数の報道陣が集まり、開通を祝うセレモニーが9時45分から行われました。天候に恵まれた中、周囲には雪の大谷を歩こうと大勢のお客様も詰めかけていました。
[室堂ターミナル中央広場]

ファイル 131-2.jpg

今年の雪壁の高さは最高地点で13m。この冬の少雪が影響して昨年より6m下がり、最少だった1998年と同じでした。それでも両脇に聳える様子は迫力満点であり、また、深く埋もれた道路に沿って除雪する技術の高さに驚くばかりでした。
[大谷ロード]

ファイル 131-3.jpg

雪の大谷ロードと平行して立山連峰を眺めなら雪上を歩けるパノラマロードもあります。また、室堂平は広い雪原であり、柵で囲われたエリアなら自由に歩けました。ザクザクと柔らかなザラメ雪なので、靴は撥水性のあるスニーカーやトレッキングシューズがおすすめ。立山自然保護センターへと通じる小さな雪の通路「雪の回廊」は混雑がなく、雪壁をバックに写真を撮るには良いスポットでした。
[雪の回廊]

ファイル 131-4.jpg

池の淵がわずかに解氷しはじめたミクリガ池周辺を散策していると、国の天然記念物である雷鳥に出会えました。その姿は冬季の白い羽をまとった美しいもの。これから季節が進むと岩肌のような黒味がかった姿に変身します。居合わせた人たちはそれぞれカメラを構え、しきりにシャッターを押していました。
[ミクリガ池周辺]

ファイル 131-5.jpg

室堂平からは浄土山、雄山、大汝山など立山を代表する山々を望め、その稜線や山肌にはバックカントリーを楽しむスキーヤーやスノーボーダーの姿がありました。その後、日が昇るにつれて気温も上がり、ジャケットを脱いでも大丈夫なくらいの陽気になりました。
[室堂平]


[立山黒部アルペンルート]
*場所 … 長野県大町市
*開催期間 … 2016/4/16(土)~6/22(水)
*駐車場 … 扇沢駅:乗用車1,000円/日(無料駐車場有)
*所要時間 … 白馬村から扇沢駅まで車で約1時間(一般道路)
*入場無料 ※但し、扇沢から室堂までの交通費は往復大人9,050円、子供4,530円
 
 
 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]