anchor

記事一覧

あんずの里 / 晴

ファイル 160-1.jpg

信州の春を告げる花、アンズ。千曲市には”一目十万本”と言われる日本一のあんずの里があり、4/1(土)~4/16(日)の期間にそこで「第62回あんずまつり」を開催中です。今年は、直近5年で一番遅い開花となり、満開は4/12(水)頃と予想されています。
[あんずの里]

ファイル 160-2.jpg

アンズ(英名:アプリコット)はアーモンドやウメ、スモモの近縁種であり、桜よりもやや早い時期に花を咲かせ、初夏にウメによく似た実を付けます。気温15℃の穏やかな陽気の中、朝9時半に窪山展望台公園に車を止めて歩き始めると、春らしい薄ピンクの花や濃い紅の花、白い花が迎えてくれました。
[あんずの里]

ファイル 160-3.jpg

4/10(月)現在の開花状況は、あんずの里観光会館のある中間地で5分咲き、窪山展望台公園やあんずの里スケッチパークがある山間地で3分咲きといったところでした。スケッチパークでは飲食が自由となっており、お弁当を広げたり、休憩所で無料のお茶サービスを受けたりする姿がありました。
[あんずの里]

ファイル 160-4.jpg

あんずの里観光会館の並びにある土産店には自家農園で採れたあんずを使ったジャム(500円/150g)やセミドライあんず(1,080円)等がありました。あんずようかん(700円)は甘さの中の酸味と香りが程よく美味。ちなみに、県道392号線を屋代方面へ向かうとあんずの里物産館やあんずの里アグリパークがあります。
[あんずの里]

ファイル 160-5.jpg

白馬村から千曲市へは県道33号線・31号線を通って車で約1時間10分です。さて、県内の桜も今年は開花が遅く、上田城跡(上田市)で「咲き始め(※しだれ桜は満開)」、城山公園(長野市)や臥竜公園(須坂市)、懐古園(小諸市)等で「つぼみ」。松本城(松本市)では本日4/10(月)8時に開花が宣言されたところでした。
[あんずの里]


[信州千曲観光局]
*場所 … 長野県千曲市大字森
*開催期間 … 2017/4/1(土)~2017/4/16(日)
*駐車料金 … 二輪車200円、普通車500円、中型車1,500円、大型車3,000円

 
 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]