anchor

記事一覧

松本城 / 晴 / 2015年9月5日

ファイル 119-1.jpg

松本城は永正年間(1504-1520年)に造られた深志城が始まりとされ、姫路城、彦根城、犬山城、松江城とともに天守が国宝のお城です。その天守は現存する五重六階のものの中で日本最古を誇り、戦国時代の優れた築城技術を今に伝えています。
[松本城]

ファイル 119-2.jpg

大天守内は8時半~17時に観覧できます(大人610円、小中学生300円)。二階には火縄銃を主とした「松本城鉄砲蔵」の展示があり、火縄銃の歴史や仕組み、種類などが詳しく展示され興味深かったです。急な階段を上り最上階の6階(写真)に来ると北アルプスや松本市街が一望できました。
[松本城]

ファイル 119-3.jpg

大天守の東側には本丸庭園があります。瓦を使って仕切りをしてある部分が本丸御殿跡。藩の政庁になり城主の居館でもありましたが、享保12年(1727年)の火事によって焼失しました。その後本丸御殿は再建されず、城主の政務を司る場所は二の丸御殿に移りました。
[松本城]

ファイル 119-4.jpg

若宮八幡跡付近からは堀にある蓮と睡蓮の緑と松本城、埋橋の赤のコントラストがきれいでした。9/23(水・祝)~9/28(月)には「第16回国宝松本城 月見の宴(えん)」が行われ、開催時間中(17時半~20時半)は松本城本丸庭園が無料開放されます(※天守は入場不可)。ライトアップされた松本城天守を背に、本丸庭園で琴やフルート、雅楽の音色、お茶席(一席500円)を楽しめます。
[松本城]

ファイル 119-5.jpg

黒門から大名町通りを南へ10分歩いたところに城下町松本の風景を再現した縄手通りがあります。「縄手」の名は松本城の南総堀(みなみそうぼり)と女鳥羽川(めとばがわ)の清流に挟まれ"縄のように長い土手"ということに由来しています。懐かしい玩具や古民具・骨董、駄菓子等を売る店が50近く並んでいます。
[縄手通り]


[松本城]
*場所 … 長野県松本市
*駐車場 … 市営松本城大手門駐車場30分毎150円ほか
*天守の観覧 … 8時半~17時(最終入場は16時半)、大人610円、小中学生300円

 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]