anchor

記事一覧

国営アルプスあづみ野公園 / 晴 / 2014年8月2日

ファイル 82-1.jpg

国営アルプスあづみの公園(掘金・穂高地区)が今年7月に10周年を迎えました。4/26(土)にはアスレチック遊具、冒険遊具、トレイル等を備えた田園文化ゾーン北地区が新規オープンし、敷地面積が約2倍に。7/19(土)からは「ウォーターアドベンチャー」が初登場しました(9/15迄)。
[国営アルプスあづみ野公園]

ファイル 82-2.jpg

ウォーターアドベンチャーは、池(だんだん池)でウッドウォールやログブリッジ、ロープラインなど7つのアクテイビティを楽しめる水上アスレチック。受付後ヘルメットを着用してスタートすると、水に落ちまいと真剣な表情で楽しむ子供たちが印象的でした。要所にスタッフがいるので子供だけでもチャレンジできます。
[国営アルプスあづみ野公園]

ファイル 82-3.jpg

北アルプスから流れ出た清流の水は最初少し冷たく感じますが、遊んでいるうちに慣れてきます。じゃぶじゃぶ池はスネくらいの深さなので幼児でも安心。11時からはニジマスのつかみ取りが始まり大好評でした。捕まえたものはスタッフが串刺しにしてくれ、炭火で焼いて味わえます。
[国営アルプスあづみ野公園]

ファイル 82-4.jpg

日中の気温は30℃にもなり、来場者の大半は水辺に集まっていましたが、それ以外では県内最大級のエア遊具、マシュマロドームが人気でした。適度な弾力があり、子供たちは乗るだけでなく跳ねて遊んでいました。
[国営アルプスあづみ野公園]

ファイル 82-5.jpg

屋内施設である「あずみの学校」は空いていましたが、エアコンがきいているため熱中症を避ける意味でも入ったほうがよいかもしれません。川魚をガラス越しに見られる「理科教室」、クラフト体験ができる「芸術教室」、昭和30年代の民家を再現した「社会化教室」等があります。多目的ホールでは「大昆虫博 Let's go 昆虫体験!」と題し5万点にも及ぶ標本展示が行われていました(8/31迄)。
[国営アルプスあづみ野公園]


[国営アルプスあづみ野公園]
*場所 … 長野県安曇野市堀金烏川33-4(堀金・穂高地区)
*開園時間 … 9:30~18:00(春・秋は17:00まで、冬は16:00まで)
*入園料 … 大人410円、小中学生80円、65歳以上210円、幼児無料


  reported by Snownavi

[このページのTOPへ]