anchor

記事一覧

鎌池の紅葉 / 晴 / 2013年10月18日

ファイル 60-1.jpg

標高1,190mにある鎌池(かまいけ)で紅葉が見頃を迎えました。朝7時40分、気温7℃、無風。水面は鏡のように静まり返り、周囲のブナやトチの原生林を映しこんでいました。
[鎌池]

ファイル 60-2.jpg

小谷村の奥に位置する大自然以外に何もない池ですが、三脚を持ったお客様が数多くいらっしゃってました。特に早朝は斜光線が風景を美しくしてくれるだけでなく、朝靄(もや)や朝焼け、山に雪が降った日は新雪と、紅葉と組み合わせたい素材が沢山あります。
[鎌池]

ファイル 60-3.jpg

静かに自然と向き合うひととき。言葉を交わす方は少なく、しかしそこには幸せな時間が流れていました。まだ緑色の葉が多く痛みが少ないことから、これからの色づきに期待が持てました。
[鎌池]

ファイル 60-4.jpg

鎌池をゆっくり一周したあと入口にあるぶな林亭に立ち寄り、「ちゃのこ」と「きのこ汁」をいただきました。ここで言う「ちゃのこ」は皮に蕎麦粉を使ったおやきで、あざみ、野沢菜、ちゃんめろ(ふきのとう)、野豚(小谷村名産)の4種類がありました。きのこ汁にはブナハリダケ、ナラダケ、原木なめこがたっぷり入り、いいダシが出ていました。
[鎌池ぶな林亭]

ファイル 60-5.jpg

駐車場の収容は約30台。9時頃にはご覧のように7割方埋まっていました。紅葉を堪能した近くにある雨飾高原露天風呂(4月下旬~11月中旬、10~21時、無休、料金は寸志)に入るのもおすすめです。
[鎌池駐車場]


[次回取材予定]
・10/25 「高瀬渓谷の紅葉」
・10/31 「大峰高原の大カエデ」

 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]