anchor

記事一覧

白馬Alps花三昧 / 晴 / 2013年7月15日

ファイル 45-1.jpg

7/1(月)から白馬村のイベント「白馬Alps花三昧」がスタート(~8/31)。八方尾根自然研究路、白馬五竜高山植物園、白馬岩岳ゆり園、栂池自然園を主会場とし、花と様々なイベントで皆様をお迎えします。7/13(土)から白馬岩岳とHakuba47の夏季営業が始まり、これで全ての会場が出揃いました。
[白馬岩岳ゆり園&マウンテンビュー]

ファイル 45-2.jpg

「白馬Alps花三昧」の各会場でみられる花は、岩岳のユリを除けば高山植物が主体です。高山植物は小さく、繊細、可憐なものが多く、それが魅力です。とはいえ夏以降には比較的大きな花も多く、今年はコバイケイソウとニッコウキスゲの"当たり年"。八方・鎌池湿原で3連休にかけて見られた群生は見事でした。
[白馬八方尾根・鎌池湿原]

ファイル 45-3.jpg

白馬五竜高山植物園では高山植物の女王・コマクサ(写真)が7月上旬に満開になり、7月3連休にアルプス平自然遊歩道でニッコウキスゲが満開になりました。このあと8月上旬には一面に咲くシモツケソウが期待できます。ヒマラヤの青いケシやその他の花も順調に咲き、多種多様な高山植物を楽しめます。
[白馬五竜高山植物園]

ファイル 45-4.jpg

期間中はシャトルバス「花三昧バス」が運行。南はさのさか、北はコルチナまでを3つの循環路で結び、公共の交通機関を利用する方も各会場の行き来が容易です。尚、コルチナのイングリッシュガーデンが今年から新たに加わりました。
[JR白馬駅]

ファイル 45-5.jpg

標高1,860m~2,010mにある栂池自然園は最も標高の高い会場であり、そのぶん花の咲き方が他の会場に比べ1~2週間遅くなっています。今年は7月下旬にかけて湿原に広がるニッコウキスゲに期待したいところです。
[栂池自然園]


[白馬Alps花三昧 会場]
八方アルペンライン … 前売券大人2,600円 →2,340円 小人1,460円 →1,320円!
白馬岩岳ゆり園 … 前売券大人1,600円 →1,500円 小人800円→ 小人750円! 
白馬五竜高山植物園 … クーポン券大人1,600円 →1,500円 小人800円 →750円!
栂池パノラマウェイ … 前売券大人3,300円 →2,950円 小人1,750円 →1,550円!
Hakuba47 … クーポン(1DAYパスポート)大人5,000円→4,500円、小人4,000円→3,500円!


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]