anchor

記事一覧

高瀬渓谷 / 晴 / 2012年10月25日

ファイル 28-1.jpg

県内有数の紅葉の名勝地、高瀬渓谷。槍ヶ岳(3,180m)を源流とする水俣川が合流する高瀬川には、上流から高瀬ダム、七倉ダム、大町ダムがあり、最下部の大町ダムで「紅葉見頃間近」になっていました。まずはコバルトグリーンの湖面の美しさに改めて感動しました。
[大町ダム・龍神湖]

ファイル 28-2.jpg

今年の白馬山麓はどこも紅葉の仕上がりがよく、高瀬渓谷でもその例に漏れずきれいな葉が多かったです。特にカエデの赤は燃えるように美しく、大きなものを見つけては近づいて撮影を楽しみました。
[七倉ダムへの道中]

ファイル 28-3.jpg

少し標高を上げて七倉ダムへくると沢山の車が止まっていました。紅葉は今がまさに見頃で、本当に色鮮やか。ここから奥(高瀬ダム)へは一般車は入れず、タクシーに乗り換えて進みます(4人で2,100円、乗り合いOK)。
[七倉ダム]

ファイル 28-4.jpg

高瀬ダム上でタクシーを降り、トンネルを抜けて吊り橋をわたり、濁りの滝まで往復約1時間の散策が人気です。圧巻は吊り橋からの紅葉でした。青空と昨日10/24に積もった新雪、白い花崗岩に色鮮やかな紅葉が映えていました。
[高瀬ダム]

ファイル 28-5.jpg

大町ダムから大町発電所、さらには麓を望むとまだまだ緑が多い風景でした。高瀬渓谷の紅葉は11月上旬まで楽しめることでしょう。尚、東日本大震災のあとテプコ館が閉鎖したことで無料の見学バスがなくなったのは、唯一残念なお知らせです。
[大町ダム]


高瀬渓谷


 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]