anchor

記事一覧

白馬国際トレイルラン / 晴 / 2012年9月16日

ファイル 24-1.jpg

「白馬国際トレイルラン」はロングコース(約52km)、ミドルコース(約30km)、ショートコース(約20km)、ファミリー&トライアルコース(約6km)の4コースで行われるトレイルランニングのビッグイベントです。昨年に続く2回目の開催ながら総エントリー数はなんと1,144名!朝7時、ロングコースの選手がスタートしました。
[八方第2駐車場]

ファイル 24-2.jpg

ロングコースは白馬八方尾根スキー場パノラマコースへ登って下り、白馬岩岳スキー場山頂へ登って下り、落倉高原を経由して大出の吊橋の横を通り、さらには白馬みねかた夢農場に登って下る超ハードなコース。9月中旬としては気温は高め、日差しも出てきて体力を消耗しやすいコンディションとなりました。
[白馬八方尾根スキー場・咲花ゲレンデ]

ファイル 24-3.jpg

早朝見えていた北アルプスは雲に隠れてしまったものの、国内屈指の山岳地帯の風景は素晴らしいのひとこと。山あり川あり田畑あり。立ち止まって写真を撮る選手もいらっしゃいました。
[白馬ハイランド近付近]

ファイル 24-4.jpg

特に松川の下流、国道より東側の橋からのワイドな眺めが印象的でした。尚、各所に給水ポイントがあり、冷たい水やリンゴ、バナナ、トマト等が選手に振舞われていました。
[松川]

ファイル 24-5.jpg

ゴール地点ではMCが選手のゼッケン番号と名前をコールして盛り上げていました。ゴールした選手は皆さん笑顔、笑顔。14時過ぎに表彰式が行われ、ロングコース男子のトップは4時間35分13秒でした。その後表彰式が終わったあとも続々と選手がゴールしてきていました。
[八方第2駐車場]


[第2回白馬国際トレイルラン]

 reported by Snownavi

[このページのTOPへ]