anchor

記事一覧

松本市美術館 / 晴

ファイル 233-1.jpg

松本市美術館で9/8(日)まで「不思議の国のアリス展」開催中。名作「不思議の国のアリス」が英国の作家ルイス・キャロルによって世に送り出されてから150年余り。今も様々な分野や国内外のアーティストに影響を与え続けるアリスの魅力を日本初公開となる資料や現在活躍するアーティストの作品とともに紹介しています。
[松本市美術館・企画展示室]

ファイル 233-2.jpg

展示室には初版本をはじめ、各国語に翻訳された書籍、挿絵、人形等がありました。尚、この企画展に合わせて「リアル脱出ゲーム」(専用キット1,500円)や、コラボスイーツ&優待協力(観覧チケットの半券提示)が松本PARCO、中町通り、イオンモール松本の一部店舗で行われています。
[松本市美術館・企画展示室]

ファイル 233-3.jpg

松本出身の芸術家 草間彌生氏の常設コレクションも見逃せません。展示室3つを使った特集展示「草間彌生-魂のおきどころ」に入ると、代表作品「大いなる巨大な南瓜」(写真右前)と「かぼちゃ」(写真左奥)が出迎えてくれました。
[松本市美術館・常設展示室A]

ファイル 233-4.jpg

新収蔵作品「愛はとこしえ」シリーズの全50点が一挙に展示された様子は圧巻でした。黒のマーカーペンで描いたものを原画としたシルクスクリーンの作品で、水玉模様の印象が強い草間氏の作品とは一味違っていました。この他に「傷みのシャンデリア」「命」を含む15点も展示中です。
[松本市美術館・常設展示室B・C]

ファイル 233-5.jpg常設展示としては田村一男記念展示室、上條信山記念展示室、細川宗英特設展示、池上百竹亭コレクション展示も。屋外にある草間彌生氏の野外彫刻作品「幻の華」は、夏の陽射しを浴びた鮮やかな姿が印象的で、訪問者の撮影スポットになっていました。
[松本市美術館]

 

[松本市美術館]
*場所 … 長野県松本市中央4-2-22
*開館時間 … 9:00~17:00(入館は16:30まで)
*観覧料 … コレクション展 大人410円、大学・高校生200円、中学生以下無料
      企画展 大人1,200円、大学・高校生800円、中学生以下無料(企画により異なる)
*休館日 … 月曜日(祝日の場合は次の平日)、年末年始(12/29~1/2)、8月は無休
*駐車場 … 無料(普通車80台、軽自動車2台、バス4台)

 

 reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]