anchor

記事一覧

自家焙煎コーヒーのお店 / 晴

ファイル 245-1.jpg
"コーヒーの波"をご存知でしょうか。浅煎りコーヒーが一般に普及した1960年代にかけての"第1の波"、深煎りコーヒーが流行った2000年代にかけての"第2の波"、コーヒー豆に究極にこだわった2010年代にかけての"第3の波"。現在、それに続く"第4の波"(フォースウェーブ)が来ていると言われています。
[白馬焙煎工房]

ファイル 245-2.jpg
「誰が淹れたコーヒーか?」が"第4の波"のキーワードの一つです。白馬焙煎工房(写真1枚目、2枚目)では、仕入先の農園ごとに特徴を捉え、生豆の選定や適正な焙煎、品質管理を徹底したスペシャルティコーヒーのみを提供。コーヒー豆は店頭での販売はもちろん、ホームページでの通信販売も行っています。
[白馬焙煎工房]

ファイル 245-3.jpg
カウンター席の他に畳コーナー(写真)もある 珈琲せんじゅ では、窓外に白馬の山並みを眺めながら、中南米産の生豆をハンドピック、自家焙煎し、ネルドリップしたコーヒーを味わえます。また、石窯で焼き上げた自家製酵母パンも自慢の一つ。焼きたてを求めるなら木曜日と土曜日の午後3時頃にどうぞ。
[珈琲せんじゅ]

ファイル 245-4.jpg
2018年12月に、JR白馬駅ロータリー内にオープンした HAKUBA COFFEE STAND も自家焙煎コーヒーのお店。「クレバーコーヒードリッパー(写真左奥)」で淹れたコーヒーは豆の油分も一緒に抽出されるので、ペーパーフィルターよりも濃厚な味わいとなります。
[HAKUBA COFFEE STAND]

ファイル 245-5.jpg
安曇野市のフレンチレストラン、ラトリエ・デ・サンス の焙煎コーナーには常時14~15種類のコーヒー豆が並んでいます。その一角に設置された自動焙煎機「NOVO MARKⅡ」は少量から焙煎できるので、希望すれば生豆から焙煎したてのコーヒー豆を買うことが可能。こういった新しいコーヒーの淹れ方や焙煎方法の登場も"第4の波"の特徴と言えます。
[ラトリエ・デ・サンス]

 

[白馬焙煎工房]
*場所 … 長野県北安曇郡白馬村北城3335-1
*営業日時 … 10~17時、火曜定休(※臨時休業あり)
*駐車場 … あり

 

[珈琲 せんじゅ]
*場所 … 長野県北安曇郡白馬村北城5848-15
*営業日時 … 9~18時、火・水曜定休
*駐車場 … あり

 

[HAKUBA COFFEE STAND]
*場所 … 長野県北安曇郡白馬村北城6360-2
*営業日時 … 9~18時、水曜定休
*駐車場 … なし(※JR白馬駅駐車場利用可)

 

[ラトリエ・デ・サンス]
*場所 … 長野県安曇野市穂高北穂高2845-7
*営業日時 … 水~金曜10~18時、土日祝8~18時 月曜・火曜定休
*駐車場 … あり

 

 reported by Snownavi

ページ移動

[このページのTOPへ]